転職してやりがいがある仕事がしたい!

毎日そう思って生きています。

現在、地方に住んでいる為

現在、地方に住んでいる為、そもそも働く場所(業種、職種、企業数)などの選択肢が少ないというのが実感です。
私は、キャリアカウンセラーの資格があり、その資格を活かしたいと思っていましたが、なかなかそのポジション自体を見つけることが大変でした。
また、女性は担う役割が多く(妻として、母として、一社会人としてなど。)、その環境によって、望ましい働き方が異なると強く感じています。
しっかりと責任持った仕事をきちんとしたいという気持ちは常にありますが、子供が小さかったり、何人もいると、やはり家庭が優先になりますし、家庭を優先すべきだと考えます。何故ならば、子供がきちんとした成長を遂げる事が最終的に、日本の将来の為になるからだと思うからです。
子育ては、母親だけがするものだとは思いませんし、周囲も協力したり関わるべきだとは思います。しかし、母親が大きな役割を担っている事もまた動かしがたい事実です。
まっとうな子供が育つ事が、日本の将来の為になるという事を社会がもっと認識をし、女性が働く場所にも反映される事を望んでいます。

以前働いていた職場に心身疲れ果ててしまったため

私は、以前働いていた職場に心身疲れ果ててしまったため、転職を考えるようになり、実際転職サイトを用いて転職しました。前回の職場で痛い思いをしたので、転職の際はとても慎重でした。しかし、転職会社が求人をたくさん持っており、実際に職場の状況(働いている人からの生の声)や給料、ボーナスなどに関して細かい情報を持っていたので、選ぶ側としてはとても便利でした。また、転職に関する手続きのほとんどをサポートして頂いたので、そういった点でも、転職会社を利用してよかったと思います。私は、前回の職場を退職するかとても悩んでいましたが、転職して一度も後悔したことはありません。とても働きやすくなり、給料もそこそこあったので、探せば自分の条件に合った職場をみつけることが可能であることを実感しました。もし、転職しようか真剣に悩まれている方がいましたら、悩まず行動してみてもいいかもしれません。そして、自分に合った職場がみつかれば、転職も悪いものではないと思います。

卒業してから、1つの会社しか知らなかったので、他を見てみたいと、転職。

卒業してから、1つの会社しか知らなかったので、他を見てみたいと、転職。
30の時に、一度相談したものの、新部署の立ち上げ等で流され、35才で、円満退職し、仕事をさがしました。
いくつかの、求人サイトに登録し、仕事を紹介してもらう、、、紹介されるまで、ドキドキでした。気に入った仕事には、自分からプロフィールを送って返事を待つ、、やっぱり、ハラハラ、、、
派遣会社にも、登録し、紹介派遣もやりました。派遣で半年行って、双方okなら直雇用という制度。私は、これが良かったです。半年もいると、良いところも悪い所も見えてきて、この先も、やっていけるか判断ができます。これで3ヵ所紹介してもらいました。紹介してもらったのは、いずれも大手でしたが、お役所系から民間になった会社だったので、中で働く上司はほぼ天下りで、働かない方々ばかりでした。こんな、会社もあるのだ、とびっくりもしたし、私は、むかないと、判断できました。会社自体は無理でしたが、その時の直の上司や仲間は今でも連絡をとるし、色々なかたと知り合いには、なれたので、これはこれで収穫でした。
転職して、最初の会社が、一番良かったと、今でも思います。じゃあ、転職しなかった方が良かったかというと、それは、そうでもなく、、、転職したから、前が良いところだったって、思えるんですよね。
私の転職の目的は、他を見てみたい、だったので、私的には、満足です

転職を考えたのは23歳ころです。

転職を考えたのは23歳ころです。それまでは一般事務の仕事をしていましたが
好きなことを仕事にしたいとかんがえてアパレルの販売員へ転職しました。
年齢的に不安は非常にありましたが、夢を諦めたくなくて転職活動を始めました。
ネットなどの求人や、働きたいショップのホームページなどをチェックして
求人情報を探していました。
ネットの求人での良かった点は、給料や福利厚生などの待遇がしっかり記載されていることです。
アパレルの販売員は、最初はアルバイトからのところが多く待遇面が非常に不安だったのてしっかり記載されているのは私にとって安心できる大きな判断材料でした。
デメリットとしては、好きなショップの求人がなかなか出ていないという点です。
販売員の求人はあっても働きたいショップがなかなか掲載されていないということが多かったです。
そのため、最終的には好きなショップのホームページから
求人情報を調べて応募しました。
現在は転職して8年ほど経っています。
転職したばかりの頃は慣れなくて辛いこともありましたが
好きなことを仕事に出来るのはやはり幸せなことだと重い後悔はしていません。

日経キャリアに登録して、次の職を探し始めました。

以前の会社は、部門の責任者を10年以上勤めたあと、担当職のような処遇となり、キャリア的にも自信の成長が見込めないので
59歳で退職しました。
日経キャリアに登録して、次の職を探し始めました。ハローワークでも紹介状をもらい転職活動をしています。
転職を比較的安易に考えていたというのが現状で、応募の際の書類審査が通らず、苦戦しています。
求人情報には年齢制限が表示されていないものが多いですが、実際のところは年齢ではじかれているという印象です。
転職エージェントも、有料メンバーにならないと次のステップに進めないと仕組みのところもあり、
いくつもの転職エージェントに登録するのも、あまり積極的にはなれません。
ハローワークで履歴書、職務経歴書の書き方や、面接セミナーなどに参加しました。
履歴書、職務経歴書作りもかなり時間がとられます。なかなか、ハローワークや
転職エージェント経由では、年齢的に職探しが難しそうで、並行して、個人のコネでの職探しもスタートしました。
最終的には、コネを使った方法での転職が一番現実味がありそうです。

今のところは給料が著しく悪くとても不満に思っています。

僕はまだ転職していないのですが今のところは給料が著しく悪くとても不満に思っています。ぼくは今アパレルで働いているのですがほとんど毎日いってるにも関わらずとても安い給料で働いています。さらにそこでは残業の手当てもでないのでそこに関してもとても気に行ってない点です。なので今回ぼくは転職を考えています。そこで、次に働くところの条件としてはやはり給料です。毎日働くことに関しては何にも思わないのですがなんとも言えないのが残業手当てがつかないことです。そこに関してはやはり解せない点だなと思っています。具体的にどこに転職を考えているかというと、やはりアパレルでの就職を考えています。ぼくはとても服が好きですので毎日ブランドものの服に囲まれてすごしたいという思いがあるからこそ次の就職先もアパレルにしたいのかなと思いました。できれば、月に20万円はいくようなところに就職したいです。そこで社員割引などもあれば最高なのかなと思いました。

給料面をメインに考えるのではなく、職場の雰囲気や、人間関係が一番大切だなと感じました。

今まで、あまり転職をした事はないですが、基本的には福祉の仕事をメインに仕事を選んで来ましたが、なかなか、いい場所が見つからず、リクルート等で探していました。結局どこの福祉施設でも、あまり給料面では納得行く場所はありませんでしたが、一つだけ分かったことがあります。
それは、給料面をメインに考えるのではなく、職場の雰囲気や、人間関係が一番大切だなと感じました。仮に、給料を沢山もらえる場所に転職しても、続かなければ意味がないんだなぁと、つくづく思います。長い人生、色々な仕事をしていくのもいいかなとは思いますが、個人的には、職場仲間を見つけて、毎日楽しく継続していける場所が一番いいと思っています。なかなか、自分に合う仕事を見つけるのは、時間が掛かることだとは思いますが、そんな中で、リクルートなどの転職サイト等は凄く助かりますし、自分の知らない職業を見つける事ができ、大変素晴らしいなと思います。転職とは、勇気がいる事ではありますが、自分を見つめ直したり、成長することが出来る可能性を秘めた、大切な行動だと感じています。

私自身、有名な企業に勤め、高卒にしては良い給料をもらっていました。

転職は、大きい会社であるほど惜しいものに感じると思います。私自身、有名な企業に勤め、高卒にしては良い給料をもらっていました。
それでも転職しようとおもったのは遠方への転勤があったためです。自分の中で、どうしても続けていけない理由でした。
転職して1番よかったのは、他の職種を経験できるようになったことです。今までとはガラリと変わった仕事内容をすることで、自分の世界が広がりました。給料は下がりましたが、それでも辞めなければ良かったと思うことはありません。
ただ、転職活動は会社を辞める前からするべきだと考えます。すぐに見つかる場合もあればそうでない場合もあります。お金があるのであればゆっくりでもいいと思いますが、仕事の間はあまりあけない方が自分のためになると思います。
転職が悪いことだとは思いません。多く経験して、最初と同じような仕事に戻っても、それまでの経験はかけがえのないものです。それは、お金では買えないものです。

前職が暇な時間が多すぎてモチベーションを保つのに苦労したため

前職が暇な時間が多すぎてモチベーションを保つのに苦労したため、今回は少しレベルの高い仕事を選び転職しました。
いざ入社してみると、中途採用のせいかほとんど研修もなく、いきなり会議や資料作りの毎日でした。
勉強になることも沢山ありますが、辛いのは残業手当と海外出張手当が一切つかないこと。
これには驚きました。
しかし自分が選んだ会社ですのでひたすら前を向いて頑張っています。
転職エージェントは面接にこぎつけるまで色々親身になって下さいましたが、現状を匂わせるような内容は面接の際に一切聞いていませんでしたし、やはり会社というもなは内部の人間にならないと分からないことが沢山あるのだなと実感しました。
また、一度会社を退職して次の職場を探すと、どうしても焦りが出て妥協しがちになります。
ですので在職中に下調べをし、希望の会社へ面接に行った際に在職中であり退職予定日時を伝え、余裕を持って次の仕事に備えられる環境を整えておくことが大切だと思います。

転職は何度もしましたが、不満は尽きませんし、人間関係も何処へ行っても同じです。

やりがいのある仕事につきたいと思っても、実際問題探すのは難しいし、周りにもやりがいというよりかは生活を基準としている人が多いと思いました。
それがまったく駄目だとは思いませんが、私の場合転職せずにこのまま誰でも出来るような仕事をやり続けるには心が死んでしまいそうになりました。
やはり、長い人生。自分のやりたい職業と出会ってそれを成功させ、常に向上して行きたいという考えでのもとでしか輝けません。
今は目標に向けて努力している途中ですが、何れ達成出来ると信じています。
転職は何度もしましたが、不満は尽きませんし、人間関係も何処へ行っても同じです。
特に女性同士は卑劣で陰で人の悪口ばかり・・・聞いているだけでも心が滅入りました。
そんな毎日が嫌だという方はきっと私だけではないはずです。
そんなことで悩むよりか、思いっきり自分の好きなことをしてそれを仕事に出来るように日々努力した方が人生が豊かに、もっと楽しめるのではないかと思いました。